忍者ブログ
こちらは個人の日々の(主にオタクな)呟きです。 はじめにのご注意を読んでからお読みください。 ネタばれ多々ありますのでご注意ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



いまペンたぶ色々模索中です……

色々ついていたのですが……コミすたイラスタどちらも買ってみたいな……と思っていたものがついていたので限定版ではありますが……別にフルセットがあったとしても……たいして変わらないので……
そんなものだと思います。

実際こちらは同人誌製作用のペンたぶを買ったので、できることもそういうファイルを扱う人向けです……

コミすた、イラスタ買いたいけど価格的にちょっと(写真屋に比べれば……あれですが……)手が出ないなあ的な人はペンたぶのおまけについているので便利かと思います。


Saiよりは便利、使い勝手的には独特……な気もしますが……

Saiよりはというのは……多角形ツールとか円ツールとかあるところとかですかね……あとグリッド表示できますから、マンガとか書きやすいかと。

コミすたは集中線効果線が簡単に引ける便利ツールもありで、使い勝手がいいのです。

ただコミすたは使い勝手が悪いかなあと……どこにどこのツールがあるか分からん……で終わってしまった……

拍手[1回]



実は……アヴァロンの原稿……あまりに大きなサイズを書くことに慣れてない管理人は半分のサイズで書いて、それを原寸サイズに拡大して貼りつけていたのです……ひゃっはー!!

だから無駄に線が太かったりするわけですが……そういうわけで線の粗も見えまくりですまあ、もともと綺麗な線ではありませんが。

基本ベクターレイヤーも線補正もなしで描く癖があるので、線が汚い汚い……(苦笑)

元のソフトがそういう機能がなかったせいか、手書きでの作業が慣れていたため、いまだに文明の利器を使えないげんしじんというか……そういう感じです。

最初はSaiで作業を頑張ろうと四苦八苦していたのですが……ある日気がつきました……
Saiは大きなファイルを扱う作業には向かない、と……少なくとも私には。

で、あきらめてCGイラストの方を立ち上げてみたのですが……ここで問題が……

原稿サイズを指定するときに㎝単位のみしかない……要はミリメートル単位が欲しいのに、センチメートルまでしか対応してなかったのです……

センチメートルでも、作業できないわけではないのですが……非常に指定がしづらい……どうしよう……

その時思い当たったのが……

以前からずっと使っていたOC……です。しかも使うのあきらめてた最新版……

そちらを立ち上げたら……あ、ちゃんと同人サイズとかの原稿指定もできたし……ミリメートル単位でサイズ指定できました……

仕方ない、背に腹は代えられない……ぐだぐだやってないで使い方覚えるか……と調教を始めたわけですが……良く使ってみると、一番気に入っていたバージョンの筆が継承してどうやら使えるらしい!とわかったので速攻筆を全部前バージョンに戻し、ようやく落ち着きました……

いや、実を言うと、まだまだ調教途中なのですが……まだ完全に元の気に入ったバージョンに戻せてません。ある意味面等くさくてあきらめたというのもありますが……

そして今度は原稿を提出する際に問題が……

CMYK、グレースケール指定ができないという問題はとりあえず自分は提出分はグレースケールのみなので、その辺は写真屋さんのエレメンツにお願いすることに。


ひょっとしたらCGイラストのむしょうアップデートで……アップデートしたら……その辺の問題も解決できたのかもしれないなあ……と思わないでもないですが……現存する前バージョンを継承しているソフトなので……ぶっちゃけなくしたくない……

CGイラスト自体はOCとソフト自体は一緒ですが、デリータから発売されているもので、デリータトーンも収録されていたりします。

まあ、いまはCGイラストは4.5でバージョンアップをやめ、別ソフトになりOCもいまの形を残してませんけどねー……

あとCGイラストはまだまだサポート続いてますが……OCに関しては……自分が大本のウェブサイトへなぜか急にログインできなくなっているので、いまのパソコンがクラッシュしたらもう諦めるしかありませんけどねー……あれ?そもそももうサポートしてないんじゃないんだろうか?


PR
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
Calender
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
New Entry
忍者アナライズ

『Sound Drama Fate/EXTRA』