忍者ブログ
こちらは個人の日々の(主にオタクな)呟きです。 はじめにのご注意を読んでからお読みください。 ネタばれ多々ありますのでご注意ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まあ、そのうち訂正とかもやるかもしれませんが……

前のサイトからの移行分です……このゲームがなければ今このサイトは立ちいかない!

ということで……お暇な人と、最初にの注意書きがきちんと守れる方はお読みください。

何か思っても自己責任で。

本文の文字が多すぎるってはじかれた……ので二つに分割です。


拍手[0回]


Fate感想記

**以下の点にご注意ください。

ネタバレ、個人的偏見とか先見とか多く含みます。その辺はご了承の上でお読みください。

何かご不快になる点があればその時点で読むのはおやめください。

あくまで管理人風月可南の個人意見ですので、その辺はご理解ください。




Fate/stay night Fate/hollow ataraxia




Fate/stay night










え~とひとまず、感想を言い出す前に、


プレイ総タイムは61時間39分・・・(だったと思います。確実なのは61時間ということ)

一応フルコンプリートの時間です(エンディングリストやら、ギャラリーのコンプリートやら)

 ・・・なにやら常人よりもかなりの時間を費やしておりますが、一応いい訳じみたことを。

 解いている最中に、かなり寄り道しました。寄り道ばかり、と言っても過言ではなかったと思います。

相当無駄に時間を費やしました。(ちなみに解き方が分からず四苦八苦していた、というわけではなく)

お気に入りの箇所を何度も読み返す、という愚行をコンプリートする前からやっていたのがやたらと時間の掛かった原因だったりします。

タイガー道場等のおかげで攻略サイトにも頼らずコンプリートは出来ましたことを一応記しておきます。


攻略サイトに頼るのはなんか負けた気がして悔しいのさ~~・・・ということで。(馬鹿)



 

 というわけで全体から見たFateからお話を。


>>まず第一に、自分は18歳未満禁止ゲームに手を出したのはこれが初めてでした。

加えて、そういったゲームに対して少なからずとも偏見、嫌悪感を抱いていたのはやはり否めません。



ただ、実際やってみたら、自分が思っていたものと実際のエロゲというものは違ったという……

そういうお粗末な思い込みで食わず嫌いでした……


 でも、元々ギャルゲーというジャンル事態に嫌悪感もあったのですが、この作品はその点は気にならなかったですね。









  • シナリオ:奈須きのこさんって何者ですか!?

    ・・・と思わしめるほどものすごくいいシナリオだったと思います。

    話の展開もギャグとシリアスのきり返しが小気味よく、目が離せない緊迫感、夜が明けて、一つの出来事が収集してからの弛緩する瞬間、本当に良くぞここまでのものを読ませていただきました!という感じです。


     ただ・・・一つ難点を挙げると…最後の終わり方が…なんとなく「くどい」という印象を受けました。

    それまでのお話がいいだけに、あとに余計なエピソードやら台詞やらが多すぎるかな~~?と。

    そう言うのがお好きな方もいらっしゃるかと思いますが、やはり私から見ると余計なエピソードついている、という印象が全ルートで抜けませんでした。






  • 絵:いいです、すごくいいですVこれはすばらしかったです。

    OPのアニメーションなども素敵でしたが、イベントごとのグラフィックもコンプしていく楽しさがありました。


    絵柄も余り個人の好みに左右されない絵だと思いました。

    というか、私はとてもこの絵が好みであります。
    下手にキャラクターがマンガチック過ぎて
    書かれていないのでかといってリアル系過ぎるほどでもなくバランスが取れていていいのでは?

    と思うのですが…

    ちなみに、Fateをやってからというもの、私もパソコンで絵を描くということを真面目に勉強してみようと

    そう思うきっかけになりましたし、まだまだ勉強中のみでありますが




  • 音楽:音感ない自分がこれを語るのもどうかと思うのですが、よかったと思います。

    特に好きな曲は「ローレライ」、「エミヤ」です。ほのぼのとかっこいいVのが好きなせいか・・・

    場面ごとに合わせる音とタイミングもよかったと思いますV






  • 演出:前はあまり気にしたことがありませんでしたが、Fateをやっていらいこの演出という点に注意が行くようになりました。

     Fateの演出は神がかってますね。絵と音楽の使い方、タイミングがすごくうまい!

    読み手を飽きさせずぐっとひきこむつくりになっているのは素晴らしいと思います。





  • >>取敢えず各ルートごとのお気に入りとかは・・・








    >Fateルート:いわゆるセイバーさんルート、

    私が一番好きなルートはこれですV

    いやもちろん士剣万歳!てのもありますが、安心して読めた話ではないかと思います。(良くも悪くも王道だから(苦笑))

    お互いを思いやるあまりに、どこか履き違えていたり、手放してしまったりと、色々不器用ものたちではありますが、そこはそれ愛すべき不器用もの同士、ということで…

    サーヴァント、マスターと関係としても、男女としての関係としても、一番好意的に自分には映りました。

    てか、このコンビ、カップリング最高です(笑)



     お気に入りのお話は「ほほを伝うもの」から「輝ける星」までの話、いや、本気で泣きましたよ。この辺。

     ラストの「黄金の別離」も好きなのですが、前者のほうは本当に泣きました。涙ぼろぼろ・・・

    何でこんなに泣けるのか?というほど泣いてました。

    私はゲームをやっていて、生まれて初めてこんなに泣きました。




    最後二人は別れてしまい、切ないのは否めないところではありますが、やっぱり二人が共に歩んだ時間を大事にしたいからの選択だったし、その時間がお互いの時間を歩むための強さになっていると思うと・・・二人の意志を尊重すべきかな?と言う気持ちになるといいますか・・・



     >それでもですね!セイバーグッドあるとすれば私は誰に反対されようとも賛成です。

    やっぱりセイバーさんが女の子として幸せになれる場所は会ってもいいと思うし、何よりセイバーさんに士郎のことを支えて欲しいとそう願うからです。

    セイバーさんが一番士郎を理解していると思いますよ?確かに、ミイラ取りがミイラになると言う感がないでもないですが…

    話が前後してしまいますが、ホロゥをプレイして特にグッドが欲しいと痛感してしまいました…!

    まさか、ホロゥがああいう話だったとは!!



    難点と言うか…シナリオは…途中の中だるみのような感が抜けないというか・・・長時間にわたるシナリオなのでその辺はどのルートにも存在するのですが・・・

    ただ、このルートをやり終えて再びプレイしたときこの中だるみの日常シーンが何より大事な時間だったと後から気付くのです。そう思うと切ないけれど、その時間は本当に幸せな時間だったと思えますから…





    >Unlimited Blade Works:いわゆる遠坂凛さんルート。


     これは全体的に話の筋のバランスがよかったよなあ~~と、サーヴァントもしっかり活躍しているし。

    多分プレイされて面白い、と言われるのはこのルートじゃないんでしょうか?

    お気に入りは「スペシャル?」とか「凛様照れ怒る」切ないのですが「冬の森」あとラストのエミヤの少年のような笑顔が印象的な「アカイワカレ」とか部分的に気に入るシーンシーンが多かったと思います。

    ギャグでは「ワイルドワイルドイングランド」とか・・・(笑)

     難点・・・?最後に詰めすぎたかな?と言う印象が・・・みえました。

    あと理想の中身が空っぽな人なんてそんなに珍しくもないよなあ・・・とふと思いもしましたが。
    ただ問題はそれを自分が信じる信じないの問題であって・・・

    別に誰かの借り物でもあったとしても、それでいいのだと思います。肝心なのは、信じ続ける強さであると思うからですが・・・



    最初Fateルートでガツンとやられていたせいか、切り替えが出来なくて、セイバーさんをついつい庇っちゃいがちになってバッドエンドを迎えたり…そんな愉快なまねをしてしまったのもいい思い出です(笑)。

    ただ、凛さんルートをやっていても、前のセイバールートで士剣ラブラブが身についてしまったもので、結局士凛は最後までぴんと来なかったんですよねー、何より凛さんにはアーチャーとくっついて欲しかったし!





    >Heavens Feel:いわゆる間桐桜さんルート

    相当裏ルートだと思いました。いきなり飛び込まされたワンダーランド!(苦笑)て印象で。

    難点・・・桜のエピソードが前のルートでほとんど語られない、解き方によっちゃかすりもしない段階で、
    いきなりガンガンエピソードだけ詰め込まされた印象があります。いえプロローグから読んで見たら辻褄非常に合うのですが・・・


    ただ、このルートでの聖杯戦争の起源、そのうちに潜むものの正体が一気に暴かれてその辺は読んでいて小気味よかったのですが・・・

    お気に入りのエピソード、「衝撃のマーボー」(やはりきたか)「ローレライ」とイリヤのエピソードがかなり入れ込みました・・・すみません、桜さんはヒロイン的には突然すぎて、何がなにやら分からないままといてしまった印象が強かったです。もっと前ルートで暗躍してくれたらよかったのになあ・・・というのは駄目でしょうか?やはり。いや、だからこそ裏Fateなんでしょうが・・・


    すみません、正直に言うと桜さんにはそんなに入れ込めませんでした(汗)多分それが一番の原因です。

    「大団円」?すみません、激しく納得がいきませんでした。

    トゥルーエンドはどうかと思いましが・・・かなり本気で。幸せは人それぞれ・・・ってことなんでしょうか?

    いや、今更セイバーさんにいて欲しいとかは思いませんでしたが、最後のね、エンディングでね…思いっきりこけた印象が強くてどうにも・・・。








    >タイガー道場:バッドエンドを迎えた貴方の心のオアシス(大爆笑)

    いやほんとうに心のオアシスでした。バッドエンド踏んだ回数:Fateルートは2回ほどUnlimited Blade Worksルートは1回、Hevens Feelは2回だったような気がするいや、これも一回かな?

    普通に解いていればそんなに踏まないものだと思いましたが・・・

    >そこで学んだFate攻略の基本原則:「無茶と無謀は同義ではない」「ルートヒロインないがしろにしたら即死まっしぐら」この二つを気を付けたらはっきり言ってバッドって踏まないんじゃないかな~~?と思いましたが。


    でもエンディングコンプするために踏みましたよ!バッド、デッド。

    デッドエンド踏みたかったらタイガー道場読んだら以外に踏みやすくなりますよね。お勧めの攻略法と逆方向とればいいわけだし。(笑)ちなみに自分が一番最後まで踏めなかったエンドはセイバーさんルート魔の13番のバッドエンドです・・・てか、あれ普通にやってたら踏まない上、相当前からやり直さないと踏めませんが・・・?

    そして、一番やりきれないバッドエンドでした、セイバーさんが何より可哀想過ぎて…





    >頑張ってコンプしたおまけがあの座談会・・・?反省会か。あれもどうかなあ・・・?とおもいました。

    出来れば原作者の方にこれはどう、とか語って欲しくなかったかも。







    >最後の締めとか。

    全体的に言ってFateはかなりクオリティー高いゲームでした。

    改めて修正をかけております今はコンシューマー化が決まりますますメディア関連で展開も手広くなって参りますが、それを途中参戦でも見届けることが出来ることに感謝したいです。


    2年ほど時が戻るのならもっと早くFateに出会いたかった!本当に…



    最後までお付き合いくださりましてありがとうございましたV




    04/10/04記、追記:04/12/28(訂正と削除と追加)06/02/25全体の見直しと修正

    さらに修正06/08/23









    Fate/hollow ataraxia感想記









    プレイタイム:ホロゥ達成05年10月30日89.6% 10月31日100%達成
    フルコンプ(ミニゲームなど)99時間…

    2005年10月28日Fate/stay night発売から1年と9ヶ月、遂に出ました!stay nightファンディスク!
    hollow ataraxia!!

    前回の轍を踏まぬよう、今回はお祭り騒ぎに最初から参加することが出来ました。04年年末に告知されてから、一日千秋の思いで待ち続けた日々。こんなにも待ち遠しかったのは初めてです。


    さて、本来ならばもう少しばかり早く感想記を書くところを今まで止まっていたのがホロゥというゲームが
    読みようによって行く通りにも取れてしまう特性と、あとどう記事を展開したものやらと迷っていたせいもあります。



    >ひとまず、ホロゥと言うゲーム全体に関して前置き的に書き記しておこうかと…



    >システム関係:stay nightのシステムを踏襲しつつ、今回は又新しくマップ画面によるキャラ選択
    方式が採用されてます。そして未読のイベントが分かりやすく「NEW」と「!」と言うマークで区分けしてあります。ですから、未読の場所を探してイライラすることが多少は解消されたかと…(完全とは流石にいえなかったですが…)

    そのせいか割りとさくさくイベントをこなしていけました。

    >基本的にお目当てのヒロインとのイベントを起していくとデートイベント発生。が、実はこれも曲者で、
    お目当てヒロインだけ攻略してもデートイベントは起きないのですよー。

    その辺は上手く出来たものだなあ…と感心しました。



    >グラフィック関係:立ち絵の追加ってそんなにないよねーと踏んでいましたら…ありますあります追加立ち絵がこれでもかってくらいに…
    後新規でグラフィッカーさんが参加しているせいか、以前はセピア色が基調かな?と思っていたのですが、今回は割りと華やかな色合いでイベント絵が塗られていたなあ…という気がしました。


    >>音楽関係:今回音楽すごくよくなっていて感激しました。3曲入っているテーマソングもどれもいい感じですし。個人的にお気に入りはOPテーマの「アタラクシア」がお気に入りでした♪

    マップ画面のポップな感じの音楽も明るめで、stay nightは割りと重く感じる曲が多かったので、
    今回のポップさは自分的にはすごく好きだったのですがV

    まさにFunディスク!って感じでV




    +++++++++++++

    さて、肝心のホロゥ中身ですが、ホロゥはあくまでファンディスクですので、こちらの感想記はあくまで個人意見の場、ということで
    自分のお気に入りエピソードだけに関して語ることにいたすとします。

    勿論、私が楽しみにしていたのはあくまでセイバーさんです。

    ですので感想ははっきりってオールセイバーさん。その辺をご了承でその先にお進みくださいませV








    お気に入りエピソードごとのピックアップ方式で参りますー



    <衛宮邸関係>

  • 王様の服は×水着+最近の桜さん+近頃のセイバー

    言うまでもなくセイバーさんとプールでデート序章♪

    ただプールに誘うだけなのに、どうしてこんな愉快なことになったものやら…

    最初にセイバーさんが成長したなあ…と思ったのは全裸の姿が見られ真っ赤になって硬直するところ。

    それ以前の士郎の行動もかなり問題なわけですけど…

    最近の桜さん…個人的に最終的にとどめさしているのはライダーのような気がしたのですが…気のせい?

    近頃のセイバー…こういうカン違いって、可愛いですよねV
    でもそれだけセイバーさんは士郎さんに可愛いって思われたいってことですよね?
    そして藤ねえは割と何でも知っていた!(笑)





  • 王様の見立て役

    これはもう、なんていったらいいか…頑張れマスター!

    ピュアであることは時に罪です。セイバーさんが純心すぎるー…
    そして鬼のような策を与えているあかいあくま。これに尽きるかと…

    個人的に「…たとえ敵がブラジャーであろうとも!」は名台詞だと思いますー。

    確かにそりゃとても強大な敵ですね…

    しかし…この後本当にどうなったのだろうなあ…(遠い目)



  • 秋と空と黄金の味

    …士郎がセイバーさんに無限に餌を与える訳が身に染みて分かってしまいました…

    何時もあんな表情ではむはむこくこくしているのかと思うと!!

    いやー、そりゃあ、餌与えたくなりますよ?と言うか与えさせてください、むしろ

    お星様の目とあのえもいわれぬような至福の表情…

    そのためだったら、本当にどれだけだって…!!




  • ペンギン型カキ氷器

    ペンギンのカキ氷器よりも、それを見つめフルフル震えているセイバーさんのほうが
    何倍も可愛いという罠V

    あと士郎の夢が可愛らしいったらV




  • 午後の光+家路の灯り

    いつか振り返って思い出す大事な思い出…
    のような話だと思います。どちらも。
    実は「秋と空と黄金の味」も似た特徴を持っているのですが、
    あえて、一緒にはすまいと思います。

    なんでもないありきたりな幸せな光景なのに、何度読んでも切なくなります。

    なんでもないありきたりすぎる幸せゆえに。




  • 遠坂探検隊

    純心サーヴァントに罪悪感を抱くマスター…

    「男は狼なのよ 気をつけなさい~♪」




    <冬木市関連>
  • This is not Heaven.

    静か波の音、とつとつと交わされる会話。

    叶えられない夢と、叶えてあげることの出来ないもどかしさと…

    実は、この会話は士郎とセイバーの会話ではなく、アンリとセイバーの会話だったのじゃないかと
    ふと思ったのです。




  • 天使とダイヤモンド

    正直に言いましょう…最初再生シーンからこのタイトルを見た瞬間…爆笑しました。

    あとセイバーさんがサッカーをやったことがないといった瞬間から、きっとハンドやるぞー!
    と信じて疑わなかった…

    見事やってくださいましたが…さすが王様!容赦のない大人気なさとお約束を果たしてくださる豪気さは素敵でしたヨ!



  • ミミックLv1~3

    …カレイドルビー参上!!


    …コレに尽きるかと…あとタイトルの意味が身に染みて分かってしまいましたよ…

    一体いつになったら出られるの?(色々と…)

    レベル2のパラレル遠坂さんと現世界遠坂さんとの争いが…個人的にツボヒットでしたV

    受話器にキスまでするパラレル凛さんって何者?

    ものすごいでれでれ状態なんですけど…普段の二人とどう違うかって聞かれると…

    あんまり変わらない気がするんですけどね(笑)
    後例の割烹着の人っぽい杖も楽しかったですよ…マジカルルビー



    <柳洞寺関係>

  • お祭りの日

    交わされる士郎とセイバーの会話が短いながらも好きですV

    あと最初のいい笑顔で士郎を家から送り出すセイバーさんV

    *そう言えば、ふと気付いたのですが…ホロゥでセイバーさんは何度も士郎に「ありがとう」と言っている気がした。





    <夜間>

  • しすたーくらいしす

    もうこれに尽きるかと…ホロゥクリアご褒美イベントなのですが、みんないい感じにお酒入って、てんぱっていて、いっちゃってます。

    ヒロイン全員がそれぞれの特性を見せいていて、バラエティ系のイベントだったんじゃないかと思うのですが…

    最初の倫敦のお料理が雑から始まり、言われなき罪にざんげするセイバー、更に容赦なく襲う凛、その割には関節技極められて座布団の上に組み伏せられていたりしましたが…(座布団の上って辺りがおびえながらもまだセイバーさんは冷静だったらしい…)

    あと、桜さんが黒かったり…(正直アレはあんまりかな?と思った…よ)

    ところで、セイバーさんが「はい、あーん」を「バニラスポンジシロップがけのごとき蛮行」
    と表現しているのがなんだか彼女らしくてかわいかった…
    恥ずかしさに耐え切れずにつく状態で
    壁に向かって激突して行くさまとか…その後ガクブル状態。

    でも今回のイベントで思ったのですがというか、ホロゥで思ったのですが…セイバーさんって妹っぽくて、お姉さんっぽくて(この辺はstay nightのUBWあたりかな?)あとWish.あたりはむしろお母さんっぽいなあ…と思いましたが…全属性オッケーデスカ?!この人!!…

    妹っぽいと言うのは士郎がセイバーを年下だと思い込んでいるせいもあると思うのですけれど…




    <特別編>

  • カルテット

    パライソ世界にダーイブ…

    個人的にベネトックの桶(?)が楽しげで好きでした…v

    どうでもいい話ですが…士郎、変態決定ー…





  • 水辺の王様

    セイバーさんとのプールでデート♪

    プールイベントでは一番好きですVV(セイバーさんが一番好きだからと言う理由抜きで)

    一番バラエティに富んでいたんじゃないかと思うのですが?

    水泳の練習のため、士郎に必死にしがみ付くセイバーさんが…もうかわいくて×100しょうがなかったですVそして歯に衣着せない言動に真っ赤になって潜水したまま浮上してこれない可愛さとか!

    あと、ランサーに水着のことで乱闘になったりとか…

    その辺の乙女心の分からない、ダメマスター…

    デートの帰り道、二人夕暮れの中を歩いて帰る、と言うのがなんとも嬉しかったのですv

    二人のデートの終わりはきっと何時も歩いて帰るに違いないのですよーv

    でも一つだけ納得の行かないことが…!

    セイバーさんの水着はやっぱりワンピース!!(力説)




  • Wish.

    …ホロゥで一番の泣きイベント…私的

    ただ緩やかに夢の終わりを迎えた二人が切ないです…

    お互いの気持ちを尊重しあうが故に、信頼するが故に。

    「輝ける星」と同じですね。

    あの日自分の気持ちを押し殺して背中を押してくれた人の背中を今度は彼女が押してくれる。

    でもきっとセイバーさんのほうがきっと上手く背中を押せたと思うのですよ。

    どこまでも士郎を信頼しているからこそ、ああして笑っていられたのだと、そう思います

    その笑顔が綺麗だと思えば思うほど涙が止まりませんでした…




    <hollow 関連>
  • 決戦

    コレを語らずして、何がFateか!

    まさにそんな感じでした。

    セイバーさんのあまりの格好よさに背筋がゾクリと来ましたよ…かなり本気で。


      「最早何人たりとも覆せぬ死の運命

       されど、それを凌駕してこそ剣の英霊――!」




    一寸うろ覚えで、間違えていたら申し訳ないですが、ここが一番かっこよくて…

    思わずため息…!

    一番燃えに燃えた、戦闘シーンだと、私の中で位置づけられてます。

    というか、とにかくセイバーさん…の見せ場ですね。

    個人的にどうでもいい話なのですが…(かなりどうでもいい)

    セイバーさんがアーチャーを補足した後に「失態の罰は後ほど」といってましたが

    「断食でござる」とか言われたらどうするつもりだったのかなあ?と一寸思った…

    …本当にどうでもいいですね…




  • ブロードブリッジ

    王道とか散々いわれてますが、私は王道とか関係なくこのイベント好きですV

    それぞれが5日目に向かって、それぞれの戦いを選んで…ってかんじで。

    最初の弓凛がかなりいい感じの見せ場、そしてサクライダーコンビもそれぞれのなすべき事を果たさんとして、そしてバーサーカーの見せ場は割りと…ごめんなさい笑ったんです。らしくて。

    どっかの慢心王までかっこいいぞ!どうしよう!(笑)

    そして最後のトリを飾るのは、やはり地上で尤も輝ける星、セイバーさん。

    このシーンも泣かされました。目を閉じてしばし黙孝、そこにどれだけの想いと願いが込められていたのか、そして目の前の残骸を見据え迷いなく剣を取る姿。

    あまりに美しくて、同時に涙がこみ上げました…切ない思いと、同時に言いようの知れない感動…

    やっぱり忘れられない最後の4日目ですね。








  • スパイラルラダー

    コレはこの一言に尽きます。

    「貴方、ロックスターみたい」




  • 天の逆月

    アヴェンジャーとバゼットのやり取り…

    バゼットさんの抱えているものって、割と私たちが身近で抱えているようなものだと思うのですよ。

    だから、ホロゥをプレイしたとき、stay nightに比べたらすごく近い位置の話なんだなって思ったのです。

    聖杯が壊れる中、二人カウント3で走り出すシーンがとても好きです。

    最後まで二人らしいやり取りに、なんだかとてもすがすがしい気分になりました。



    最後のアヴェンジャーの「私」の言葉が気になるのですが。ドアを開けた5日目は一体どんな未来(あした)だったのでしょうね?

    それはある意味、ホロゥをプレイしてきたプレイヤーの願いなんじゃないかなって、私は思ったのでした。




    <Eclipse 関連>

    コレは色々…あれなんですけど…
    まあとりあえず。私は気に入っているというので…


  • 後日談

    えーっと何でも巷の噂では、奈須さんが例の日記のログを消去してしまったらしい?ので…ここで言ってもオッケーなのか?ネタバレありだからいいよね…

    いわゆるげっちゃなお話なのでした…

    「じゃんけん 死ねえ!」

    の台詞でダメットの地位を確立し。(笑)

    更に「ハローワークな人」とも定義されていた…かもしんない。

    あと電波系病弱美少女カレン…(病弱?)

    「駄犬の分際で…(以下放送禁止のため略)」は素敵過ぎましたよV

    色々と怖い人たちが増えていく、Fateの住人…





  • 金の湯船

    良心とモラルの問題から白文字…セイバーさんとのえっちー!…

    セイバーさんが純心で無邪気でかわいい…VV
    そして士郎はへたれ。






    <スペシャル関連ミニゲーム、壁紙、神社>

  • トラぶる道中記

    花札ー!個人的にトラぶるモードと、ノーマルではキャスターさんのエピソードが一番好きV

    トラぶるモードの道場爆誕秘話もちゃんと見ましたですよーV

    ささやかに裏話のオンパレード(笑)



  • イリヤ城

    最初は気楽な気持ちで、後が地獄…アイテム入手にひたすら振り回されました…
    もう右手痛い…最後は右手でマウス抑えて、左手でクリック!!何てまねも…


  • 壁紙

    意外な方まで描かれていてびっくりでした!Wish.のクリアの壁紙……バッドエンド13番?…




  • 遠坂神社

    バイト代は巫女服(笑)

    3万円の絵馬が実は一番最後に残ったって言うのはここだけの内緒だ!(ご褒美分除く)

    えーと実は一生懸命例のアレを集めるためだけにお金集めてた…





    <最後のまとめ?>
    ホロゥはファンディスクと言う分と新規ライターさんの参加という面のバランスが微妙で。二次創作などになれない人はおそらく、戸惑ったり、拒絶反応をされた方もいると思うのです。

    二次創作である程度覚悟は出来てましたが、やはり私も許容できないエピソードもいくつか真実存在してましたし、正直言うと抹殺したい気分です。(笑)本気でV

    ま、でもそれはファンディスクと言う位置づけの特徴で味付けなんだと、割り切りました。というか、諦めました。もはや。

    いろんな人がいればいろんな見方があり、自分のFateの捕らえ方と、その方のFateの捕らえ方の違いがやっぱりそう言うものを引き起こすのだと思います。



    それでも、そのお祭りを楽しまなかったの?と言われるとそれはきっと「否」と答えるでしょう。

    stay nightでも不足だった分の捕捉もあったりと、満ちたりた内容だったの事もまた間違いではないと思いましたから…

    「ファンディスク」の「ファン」っていう部分ではちょっと納得行かないなーVというのも正直な気持ちV



    客観的に見てファンディスクという位置づけ以上に贅沢なものになっているな、と思います。

    自分が納得いってないのはあくまで主観的な部分ですから…その辺は私個人の感情とお察しください。




    ここまでのご拝読まことにありがとうございました。

    最後にこんな素敵な作品を作ってくださったTYPE MOON様に最大級の感謝を。

    まことにありがとうございました!



    (06/02/26作成開始、同年03/04作成終了とりあえず)






    PR
  • ≪ Fate感想記2   |HOME|  
    material by Sky Ruins  /  ACROSS+
    忍者ブログ [PR]
    Calender
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    New Entry
    忍者アナライズ

    『Sound Drama Fate/EXTRA』