忍者ブログ
こちらは個人の日々の(主にオタクな)呟きです。 はじめにのご注意を読んでからお読みください。 ネタばれ多々ありますのでご注意ください。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



今さら何ですがこういうゲームをやっていたという……

ひとつわかったことがある……


うん、私、ここのメーカーダメだわ。

ということはわかりました……

拍手[2回]



>>話的には……昔のゲームなのでご存知の方が多いと思われるのでもう多くは語りませんが……泣きゲーといわれているほどにも泣きゲーではなく……

結局タイトルの「もしも明日が晴れならば」というのはいったい何だったのかなあ……?と。

正直単に絵師さんのイラスト集で終わってた気がするのよ?

攻略的には難しいところはないものの……スキップ機能が優れてないのでやたら疲れました……
進み的には処女はお姉さまに恋してるてきな進み方でした……というかそのものですね。

選択肢までスキップがないせいか……やたらスキップに時間がかかり、目的のヒロインルートまでの徒労感が高かったです。

まあ、発売された年月を考えると……昔のゲームに割とありがちなシステムだなと言われればそれまでなのですが……約2カ月間に対して……ものすごく時間がかかるなーという印象が……

エンドは全部でヒロイン×4+バッドエンドがひとつ。

一応優遇されているのはメインであるはずの明穂でした。回想シーン数はみんな平等です。

曲関係は……唄つきのも含め割と充実していましたが……ヒロイン各ルートが最終ルートまでに存在するためにいちいち何度も聞かされていやいや感が……だって、その道を必ず通らないと次のルートに行けないので……

話全体としては……どれも中途半端かな……

全部がハッピーエンドではあるけれど……その途中までの展開があまりにも中途半端で……設定的にはご都合主義的、そして無理無理感……

あとうだつの上がらない甲斐性なしの主人公……

そしてさらに訳の分からない反応を返すヒロインたち……

ヒロインの行動の説明はされていても……みる側的には説得力がなく……
設定が甘いせいか……変に都合のいい設定を混ぜているせいかさらに訳のわからなさが強調されて……みていて途中で白けました……

多分ライター的にはここが泣き所!というのがあるのだろうけど……上のような事情からお涙ちょうだいシーンも妙に冷めてしまい……

突っ込みばかりが頭の中に浮かびました。

もうちょっと中途半端に幽霊とか、疫病神とか、霊媒師的なものを持ってくるなら、確固たる設定がないとみてる側は白けてしまいます。

どっかに転がっている中二的な設定で……それはそれでも構わないのですが……
中身がいい加減なせいか……どうも白けて……

あと難しいとは思うのですが残される側と残していく側のスタンスが……

主人公の行動があまりにも優柔不断すぎて……その辺も許せないなあ……と思いました。

ライターさんの思惑がこちらに伝わりにくくて……なんというか中途半端でみんな終わっているという感じがしました。

一応お気に入りキャラは……珠美かな……行動がわかりやすく、直情的で、行動パターンに無理がなかったので……

ヴィジュアル的に好みだったけれど性格的に残念だったのが……つばさ……

なんというかヤンでれるにもいまいちで……どっか中途半端にされてる感が……




PR
material by Sky Ruins  /  ACROSS+
忍者ブログ [PR]
Calender
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
New Entry
忍者アナライズ

『Sound Drama Fate/EXTRA』